株式会社共同通信デジタル / ソニー株式会社

アバターエージェントサービス

Product

株式会社共同通信デジタル様、ソニー株式会社様が提供している情報読み上げ動画作成システム「アバターエージェントサービス」に登場するバーチャルアナウンサー沢村碧のLive2Dモデルを制作させていただきました。

入力した原稿に合わせて自動的に口パクが生成される沢村碧は、アナウンサーやイベントの案内役として各地で活躍しています。

TVスタジオを再現するためのモデル

TVスタジオを模した3D空間に配置するモデルなので、カメラの回り込みを自然に表現するためにX軸を広く制作しているのが特徴です。

X軸を広くするために、眼鏡のつるやフリルの裏など正面では見えないパーツを作成したり、正面の時に服の後ろにある腕が斜めの時には服の前に来るなどの工夫をしています。

 

モーションは読み上げる原稿に合わせてカスタマイズできるよう、「呼吸」「身じろぎ」「うなずき」「おじぎ」「手振り」を別のモーションとして制作しています。

アナウンサーなので大げさにならないよう、控えめだけど可愛らしいモーションを目指しました。
原稿に合わせて口パクやまばたきが自動生成でき、モーションの組み合わせが容易なのもLive2Dモデルの利点です。

 

 

© Kyodo News Digital.All Rights Reserved.